話題のダイエット.COM

胆汁酸ダイエットで余分な脂肪を燃やコレステロールをどんどん排出しよう!

 

「胆汁酸ダイエット」というとなかなか耳慣れない言葉かもしれませんが、つらい運動や食事制限を必要としないダイエット法として、近年注目を集めている方法です。
無理なく続けられるから、今までダイエットを挫折することが多かった人でも成功する可能性大!
その仕組みを詳しく見ていきましょう。

胆汁酸が余分な脂肪を燃やしてくれる仕組み

胆汁酸ダイエットを成功させるには、体内に溜まった古い胆汁酸を排出して、新しい胆汁酸を分泌させることが大切です。
その働きがうまくいくと、新しい胆汁酸が体内の余分な脂肪を燃焼させてエネルギーが消費するため、基礎代謝力の高い「痩せ体質」へと変えてくれるのです。
また、胆汁酸はコレステロールを原料として作られるものなので、やがて胆管を通じて十二指腸に分泌され、余分なコレステロールを便として体外に排出するという働きもします。

なぜ、胆汁酸が余分な脂肪を燃やしてくれるのかというと、血中でホルモンのような働きをして肝臓での脂肪分解を促したり、筋肉でのエネルギー産生や褐色脂肪細胞(体温を上げるヒーターのような役割を果たし、エネルギーの消費を促すもの)のスイッチを押したりしてくれるからです。
ですから、胆汁酸の循環がうまくいっている人は痩せやすくなり、そうじゃない人はダイエットをしてもなかなか痩せにくい体質になってしまうのです。

胆汁酸ダイエットの定義

胆汁酸の持つ力を利用して脂肪を燃えやすくするのですから、単に胆汁酸を多く分泌させれば良いのではないかと思いがちですが、胆汁酸が作られる量は人によって決まっているので、どう頑張っても分泌量そのものを増やすことはできません。

胆汁酸ダイエットとは、古い胆汁酸を体外へ排出し、新しい質の良い胆汁酸を分泌させること。
そのためには、腸内を通過する時に胆汁酸を吸着し、コレステロールが体内に取り込まれることを防いでくれる食物繊維を多く摂ったり、腸もみで刺激を与えて古くなった胆汁酸の排出を促したりすることが大切なのです。

また、胆汁酸の循環を助ける「アスペルロシド」や「キトサン」を含む食品を摂ることも効果的。
「アスペルロシド」では「まいたけ」や「こんにゃく」、「杜仲茶」など、「キトサン」ではエビやカニなどの甲殻類の殻の部分に多く含まれており、
胆汁酸の生まれ変わりのサイクルを整え、基礎代謝を高めて肥満を防いでくれるといわれています。

「胆汁酸ダイエット」とは、古い胆汁酸を体外へ排出して、代わりに新しい胆汁酸を分泌させること。
この循環のサイクルが整えば太りにくい健康な体を維持することができるので、食物繊維やキトサンやアスペルロシドを多く摂るように心がけ、腸もみで排出を促しましょう。

オススメはキトサン配合のサプリメントを摂取!

胆汁酸を排泄するには大麦、こんにゃく、海藻などの食物繊維を取ることにより胆汁酸を、便中に排出することが出来るのですが、そのような食材を摂取るために食生活を大幅に改善し、それを維持し続けることは非常に困難だと思います。
エビやカニなどの甲殻類の殻は普段食べない食材です。

そこでオススメしたいのがサプリメント!特にキトサンを含むサプリメントがオススメです。

キトサンを摂取することによりキトサンの持つ吸着機能により、胆汁酸と結合し排泄する機能をバックアップ。
また、キトサンと胆汁酸が結合することにより、余分なコレステロールや糖分の体内吸収をも抑えてくれる。

▼▼▼ 配合量業界トップクラスのキトサンサプリ ▼▼▼
キトサンサプリのカニから高分子

  
Copyright © 話題のダイエット.COM. All Rights Reserved.