話題のダイエット.COM

毎日たった数分の“腸もみ”でダイエット! 古い胆汁酸をどんどん排出しよう

 

胆汁酸」は、哺乳類の胆汁に存在するステロイド化合物です。
体内に入ってきた食べ物の脂肪を小さくして吸収しやすい状態に整え、基礎代謝を上げて痩せやすい体質にしてくれることから、美容や健康に敏感な人の間で大注目
ダイエット法としてもよく紹介されている胆汁酸について、詳しくご説明します。

腸もみのやり方

① 椅子に浅く腰かけ、足は自然に軽く開く。
② 次に、指がお腹側に向くように手のひらを上にして両手を重ね合わせ、おへそから3cmほど下の位置に指先を当てて、ぐぐっと押していく。深く息を吸い込む。
③ 手はそのままの状態で、今度は息を吐き出しながら上体をゆっくりと下へ倒していく。指を押し込みすぎないように注意!
④ お腹の筋肉をほぐすように、両手の指先を時計回りに3回ゆっくり回し、最後に息を吸い込みながらゆっくりと上体を起こす。
※お風呂上がりにリラックスしながら行うのがおすすめです。簡単なので、ぜひ毎日の習慣にしてみてくださいね。
ダイエットの他に便秘を解消する効果も期待できますよ。

古くなった胆汁酸が体外へ排出されるとどうなる?

腸もみによって胆汁酸の循環機能が整い、古い胆汁酸がコンスタントに排出されるようになると、新しい胆汁酸によって体内の脂肪が燃やされてエネルギーを消費し、基礎代謝が上がって普通にしていても痩せやすい体質へと変わっていきます。
また、胆汁酸はコレステロールによって作られているので、その排出にも一役買ってくれます。

この状態を維持できるようになれば、体に余分な脂肪やコレステロールがつきにくくなって常にスリムな体でいられるし、恐ろしい成人病を防ぐことにもつながるのです。
反対に、古い胆汁酸がいつまでも体内に留まっていると脂肪を燃焼させる効果がほとんど期待できなくなるので、循環機能を整えることは私たち人間の体にとって非常に大切なことです。
毎日数分の腸もみをすることによって、古い胆汁酸がスムーズに排出され、新しく質の良い胆汁酸が作られるようになります。
最初は少し面倒ですが、習慣になってしまえば楽なので、お風呂上がりなどの血行が良い状態の時を選んでこまめに実践してみましょう。
基礎代謝が良くなれば、エネルギー消費量が上がって痩せやすい体質を作ることができますよ!

  
Copyright © 話題のダイエット.COM. All Rights Reserved.